botop bonarsery boflower boitem borose bomail

切花が手元に届いたら・・
水あげ方法のポイント



1.すぐに花を取り出します。
2. 新聞紙を取り、下葉(水につかってしまう部分の葉)を取ります。(思い切って取りましょう)
3. 次は水あげです。水あげ方法はお花の種類によって異なります。

水きり
一般的な水あげの方法です。たいていのお花は、この方法で大丈夫です。
よく切れるはさみで、水の中で茎を斜めに切ってください。切り口が空気に触れると、水をあげにくくなるので、必ず、水の中で行ってください。

水折り
水の中で、茎を折ります。はさみの金属を嫌うもの(トルコキキョウなど)や、樹液の出るもの(ブルースター、ポインセチアなど)に向きます。
樹液の出るものは、樹液が導管を塞いでしまうので、よくふき取ってください。

十字切り
枝ものの水あげ方法です。茎の先を十字に切ってください。(枝もの全般)

たたき
枝物や草花っぽいものの水あげ方法です。
遠慮しないで、勢い良く、ぐしゃっとなるまでたたいてください。(こでまり・スィートピーなど)

湯あげ
どうしても上がりそうにないもの、くたっとしたものの水あげです。熱湯と水を用意します。
葉が湯気に当たるとしなびてしまうので、茎の下の部分を湯気の入らないようにぴっちりと巻きます。
茎の先を少し切って切り口を新しくしてください。2〜3センチのお湯に数秒間つけて、茎の色が鮮やかに変わったら、(ゆであがったようになったら)すぐ水に入れます。水が上がったら色の変色した部分は、切り戻します。

4. 2〜3時間水につけておく
もし、元気がなさそうだなと感じたら、花の先までしっかりと新聞を巻いて、水を多め(深水)に入れてください。
5. 水あげをすれば、水はあがりますが、毎日の手入れも大切です。水をこまめに替えたり、花瓶の内側をきれいにしたり、少しでもぬるっとしてきたら、茎を切り戻しましょう!